宇都宮市医師会
各種予防接種
予防接種の意義 予防接種に伴う一般的注意事項 ワクチンの種類と接種会場

ワクチンの種類と接種会場
子供はそれが仕事でもあるかのように、頻繁に病気に罹ります。しかしその大部分の病気は心配ありません。ところが予防接種法で定められているような病気は、それに罹患しますと、時として死亡したり、あるいはその病気の後遺症で一生涯苦しむ事例もあります。予防接種はそれらの病気から身を守ることができます。ですから、予防接種は積極的に受けましょう。
予防接種は公費で行われる定期接種と自費で行われる任意接種とがあります。定期接種の予防接種は地区市民センターなどで行われる集団接種と病院や医院、診療所で行われる個別接種とがあります。宇都宮市では、今ではポリオだけが個別接種で行われ、それ以外の定期接種は個別接種で行われています。個別接種は全て個別に接種を受けます。

集団接種 平成17年4月より、宇都宮市ではBCGが個別接種となり、ポリオだけが集団接種で行われます。ポリオは病院、診療所等では受けることができませんので、会場・日時を確認の上、接種を受けるようにしてください。
個別接種 宇都宮市では、ポリオ以外の予防接種は病院・診療所等で個別に受けることができます。定期接種の予防接種では、接種期間中の体調の良い時を見計らって、かかりつけの先生と相談しながら受けるようにしてください。
ポリオ  生後3ヶ月から90ヶ月(7歳6ヶ月)の間に2回接種を受けます。標準的な接種期間は生後3ヶ月から1歳6ヶ月の間です。
この間に6週間以上の間隔を開けて2回接種を受けます。6週間以上間が開けばどれだけ間隔が開いても構いません。
ポリオは飲む予防接種で、腸の中で効果を発現します。ですから下痢をしているときには効果が得られません。下痢をしていないときに予防接種を受けるようにしてください。
ポリオワクチンによる副反応はほとんどありません。しかしごく稀に接種後4〜35日後に発熱、かぜ症状の後に手足の麻痺の症状が見られることがあります。この場合には専門の医療機関で診察を受けてください。
BCG  結核に対する予防接種です。平成17年4月よりツベルクリン反応が廃止され、直接BCGを受けるようになりました。また、接種時期が原則生後6ヶ月までとなりました。しかし災害などにより生後6ヶ月までに受けられなかった場合や、病気などで生後6ヶ月までに受けることが不適と医療機関で判断された場合は生後12ヶ月まで受けることができます(詳しくはかかりつけ医などの医療機関にご相談ください)。
 BCGでは接種部位が通常10〜14日後に赤く腫れ、針痕が化膿したようになることがあります。これは通常の反応で、接種後3ヶ月後まで続くことがありますが、特に心配ありません。しかし、接種後数日で同様な症状が起きた場合は結核の自然感染の可能性もありますのでかかりつけの医師に必ず相談をしてください。
三種混合 ジフテリア、百日咳、破傷風に対する予防接種です。生後3ヶ月から90ヶ月の間に、まず3〜8週間間隔で3回接種を受け(生後3〜12ヶ月の間に済ませることが望ましい)、その後6ヶ月以上間隔を開けてから(3回目の接種後12ヶ月〜18ヶ月経過した頃が望ましい)もう1回接種を受けます。
  三種混合は比較的副反応の多い予防接種で、発熱や注射部位が腫れたりすることがあります。発熱などは注射後24時間以内、遅くとも48時間以内に見られます。これらの多くは自然に軽快します。
麻疹(はしか)、風疹  平成18年4月より麻疹(はしか)と風疹の予防接種はこの二つの入った混合ワクチンとなり、接種は生後12ヶ月から24ヶ月の間にまず1回、5歳から6歳にかけての4月1日から3月31日の間(幼稚園の年長に相当する学年の間)にもう1回接種の計2回受けるようになりました。
 この改訂に伴い2歳以上(幼稚園・保育園の年長にあたる学年にある方を除く)の方は法律による公費での麻疹(はしか)、風疹の予防接種が受けられなくなりました。中学生に対する風疹の予防接種も平成15年9月30日で終了しました。

  麻疹(はしか)、風疹とも生ワクチンのため、接種後24時間以内に発熱することはきわめて稀です。両ワクチンとも接種後5〜14日後に発熱が見られることがあります。通常は1〜2日で解熱します。また発疹が見られることもあります。
 成人女性で風疹の抗体を持っていない方は、妊娠中に風疹に感染すると胎児に悪影響が出るため、任意接種となりますが風疹の予防接種をお勧めします(任意接種)。この場合は予防接種時に妊娠していないことと、接種後最低2ヶ月の避妊が必要になります。
日本脳炎  現行のワクチンは副反応が問題となり、平成17年7月29日より一時中止となりました。副反応のより少ない新ワクチンの開発は進行中で、そう遠くない将来にそのワクチンで再開するものと思われます。現状でも希望があれば現行ワクチンにより公費での予防接種は可能ですが、特に感染しやすい環境にいるなど特殊な状況がなければお勧めはいたしません。新ワクチンによる再開後の接種をお勧めいたします。この場合、接種間隔が通常より延びてしまったり、また対象年齢から外れてしまう可能性もありますが、現状では新ワクチンによる再開と、その際に発表されると思われる施行細則に従うのがよろしいと思われます。
 なお、平成17年7月29日の政令改正により中学生での日本脳炎予防接種は廃止されました(即日施行)。
インフルエンザ   満65歳以上の方、及び60歳以上65歳未満で心臓、腎臓または呼吸器の機能に異常があり日常の生活に極度の制限がある方、ウイルス等により免疫の機能に日常の生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方は、年1回の定期接種となります(一部公費負担)。それ以外の方は任意接種となります。乳児の接種はかかりつけの医師とご相談ください。
 現行の予防接種は残念ながら感染を予防する効果は強くはありません。しかし肺炎や脳炎などの合併症を予防する効果には優れているとされています。現状ではインフルエンザを予防するワクチンというよりも、重症化を予防するワクチンと考えていた方が良さそうです。
 接種後の副反応は局所反応が見られる程度で、発熱等の全身反応は少ないとされています。また卵アレルギーの方の副反応も実際にはきわめて稀とされます。
 平成17年度から宇都宮市では1歳の方は公費による一部補助が始まりました。予防接種1回につき1000円の補助が1シーズンにつき2回受けることができます。詳しくはかかりつけの医療機関にお問い合わせください。